Contact : wakes relationship thick.

  12, 2017 13:22
*✧priy ve✧*

體の生死を超えた 交流方法のひとつ
✰✧双方を巡る循環を体感するコミュニケーション✧✰


*✼.。✿.✧* Contact by prayers*✼.。✿.✧*
observe and decipher from Contact.

fc2blog_20151222222439038.jpgfc2blog_20151222222443418.jpg

fc2blog_20151222222410e41.jpgfc2blog_20151222222419eec.jpgfc2blog_20151222222448655.jpg


*☆コンタクトから観察し解読☆*
ご依頼主さまが繋がりたい仔から受け取る様々なこと
わたしが受けとれた部分を解読し、わたしの解釈と合わせて依頼主さまへお伝えします。


ご本人同士のコンタクトを一番に全力で推奨してはおります。
(これは2017年に私が心底感じたことです)
会話という形を持たずとも、動物との共有範囲が体感として繋がると、対面でのやり取りの裏側にも重なっているという事を実感します。目に見えない交流に意識を向けることで味わえる感覚と発見。
(あのエクスタシーは当人動物間だけの特権だと思う)
生死を超えた深い関係性を望んでいる人達がその仔と繋がり、幸福感に満ちた関係があると知れる、ツールの一つとも思います。
(コンタクトが出来るようになったら肉体を失っても平気なんてことは絶対ないけど(笑)、でも知っていることで目に見える範囲だけの交換交流だけではないんだということを片隅において置けるし、界を離れてしまった後の、救世的な立ち位置にもなり得るんではないかと思っています。
(わたしはコンタクトがあって救われた日が何日もありました。
悲しみが消えるわけじゃない、つらいしかなしいしさみしいし後悔もするし自分責めたりもするけど。その比重や、意識の持ち方接し方が、コンタクトがあったかなかったで別物になってたと感じます))




彼らの認識、彼らの感覚を教わっている最中です。
理会が出来ない部分もあります。器になれてない部分もあります。

伝達技術や表現幅、コンタクト後のフォローアップ等、至らぬ部分も多いかと思いますが、ご縁のある方がおりましたら。






✧*。✰




…ここまででのprayerとしての形 今の気持ちです。…
今後見えてくること等 随時追加上書きして参ります。


生きる為事として臨んでいく肚をくくりました。201709

prayers:水巫音  mifune &ni
continue‥



fc2blog_20151222221450a4d.jpg



wakes relationship thick.

より深い交流に意識を向けて下さった事
嬉しく思い 感謝します。 ありがとうございます♡
10.22, 2015 05:55