伏字じゃない○○○○

  16, 2015 01:54
この間ご飯になに入れるか相談していた時の事。コンタクトで返ってくることがイメージだったり音だったりかおりだったり色々なのは実感してるのでそのまま受け取るように意識はしてるんですが、文章にするとよくわかんないと思うんですけど、伝わっても来てるし受け取っても居るんだけどそれがなんなのかわからないことがあって。
「○○○○」 何度きいても「○○○○」(伏字の○じゃないです;)
母音のようなイントネーションのようなものは受け取ってる、字数も伝わってる。受け取ってるし伝わってるんだけどあとちょっとの不明瞭な感じがもどかしくてもどかしくて。。
こういうのって多分、インプットしてる語彙だとか知識量とか経験値もあるんでしょうけれども 日々の会話からの影響もありそうだなと。
日常会話でもわたしは結構感覚で話すことが多くて、伝えるのに幾つかのルートを要したり そもそも主語が抜けてたりですとか。(凹)そういうのが、動物とのコミュニケーションでもヒント欲してメッセージ貰う時も関係してるような、気がしませんか…。

ともすれば感覚が拡大しているように感じる時もあり。
先日 コンタクトとって報告書いてそのすぐ後位に出かけたんですが、しばらく毛穴開いたままのような感じで(変な例えですみません)、そういう経路開きっぱとかあるのでしょうか(そうだとしても自分で閉じる意図を出せばいいのかな?) (盛大な違いではないですよ 微々な差異だと思います;)


もしかしたら今まではその”受け取ってる伝わってる”事さえ気づかずにいた?のかな?とすると感覚が拡大したように感じた事とも一致する気がしなくもないような といいように解釈してみたり。。
きこえてなかった部分がちょっと視えてたなら嬉しいな~