無数に走る細い白い線

  10, 2014 10:34
アニマルコミュニケーションを学んでから暫くして、毛の表面を、四方八方に飛び回る無数の小さな細い白い線が視えるようになりました。
最初に気付いたのはマッサージをしている時。
最初は塵か埃かと思ったんです(笑) でも払いのけても変わらない。数がとても多く、動きが目視では追えない位速い、四方八方。毛も揺れる。
視えるのは黒い毛の部分だけなんですが、おそらく全体を纏っていると思うんだけど、多分白毛は同化で見えない?ようでした。

エネルギー系の何かとしか思えない…(きちんと目視です。) そう思って、当時、講師の方に訊ねた事もあったんですが、ハテナ?という反応だったので他の人に訊く事もせず、今に至ります。

そんな事が猫限定で当たり前にあった後に、今度はそれを夜の外で視る事が数回ありました。(たしか震災前後付近…?)
動物限定と勝手に思っていたわたしは驚きました~。
視たのは旧住処の家の周りの森付近。無数に視界を覆ってて。目がイカレタのか電灯の所為かと思いましたが、植物も発するのか?と思った自分が居ました。

「生き物全てにある何か」 かもしれないと思ってる節もありますが、今もまだ不思議だなあと思っています。
当時も今も、他の仲間が視えるといったオーラも、わたしは?ですし。これも視えないと提示してるから視えないのかもしれませんが。^ ^
オーラの層でいえばエーテル体というのになるのか? でもそれだとすると外でみたあの範囲は広過ぎる気がするんですよねえ…。


正体?がなんであれ、それを目視するようになったのは、猫が、とか植物が、とかでは無く、わたしが、視えるようになっただけの事なんだと。思います。ぁあ文章にすると伝えにくい。
内側の変化によって、という意味です。
元々、視えていたものなのではないでしょうか。

追記です。
昨日書いてから、あぁ、小雨を色がある背景でみた景色にも近いかもと思いました。煙っぽくも視えるかも。