なんてことのない記事

  11, 2017 01:15
実家に行った際、戸隠神社へ行ったのでした。
結構高齢な母に運転をお願いし(汗)
(マニュアル免許もっているんですがペーパーゴールドでして;はたしてこの先車を手にする機会に恵まれるんだろうか。。動物さんらを外にお連れする際、電車より遥かにいいなぁとは思うのだけど)

以下、コンタクトのこの字もない、まったくただの普通記事です。(もしかしたら初めて?か?)


神社へ行く前に行ってもらった場所があり、その帰り道。
真中付近に注目↓

fc2blog_2017081023324396d.jpg
(わかりにく)

fc2blog_20170810233234b8c.jpg
おそらく雉さん。
写真には写せませんでしたが、こどもちゃんもわらわらいて。
車の中で2人ともテンションアップ。

fc2blog_2017081023323057c.jpg
ままさんが監視役よろしくでこどもちゃんらは草の中ででわちゃわちゃしてて。
車の助手席からのズームでこれが限界でした。
この辺で雉に会うなんて~と言ってたのでそうあることでもないらしく。わたしも嬉しかったし母的にも良かったなと思ったり。


戸隠神社は少し前(っていっても1年位前から言ってたか)から行きたいとなんとなく思っていて。何か特に理由があるわけでも何でも無かったんですが。(そしてそのわりには何も調べもせず)
行った翌日、連れてってくれるという話になってから地図や見てたら。どうやら天岩戸と関係があるらしいということで。

最初に行ったのが火之御子社。

fc2blog_201708110104049bc.jpg

fc2blog_20170810233255a78.jpg
天宇受売命の印があります。

fc2blog_201708102333026e9.jpg
大抵の方が中社と奥社を目指しているようで素通りの方も多く、殆ど人がおらずで。清とした空気が漂っているように感じ。

fc2blog_20170810233249386.jpg



中社
fc2blog_201708102333073e2.jpg

fc2blog_20170810233312a6e.jpg
流石にこちらは結構な人がおりました。(といっても都内有名各地に比べたら閑散な方でしょうけれども)

中社境内の右奥に小さな滝がありまして。


圧縮されててちょっとわかりにくいんですが。
水が綺麗で…綺麗さ基準値の低下を実感して少々ショック(苦笑)
(水の味の違いはわかるんですけどね~)

境内は杉の香が風に乗って運ばれており、なにげない一瞬に香りがするものだから最初わからなくて。うろちょろしてたら母にどうでもいいという顔をされたり。


fc2blog_201708110104004aa.jpg
天狗が頭をよぎった葉っぱ


奥社へゆく前に鏡池という看板を発見。
なんの前情報も知らずでしたがなんとなく「行きたい」と。
(2キロ先と書かれていたのにこれ絶対2キロ過ぎてない…?という、ほぼ車1台しか通れないような道幅の道をどんどん下ることになり。行ってくれと言った手前、道がここであってるのか辿り着くのか帰れるのか不安になったり笑)


着いた先は絶景。

fc2blog_2017081023332335c.jpg
絶景加減がちーとも感じられない写真ですけれども。
(池の奥は戸隠山。現地では景はっきりくっきりだったのですがその様子が全然写せておりませんがクリックで拡大)
カフェもあるからか結構な人がおりました。わんことお散歩されている方も。

fc2blog_2017081023331834b.jpg
こちらは近くのカフェのテラス席からの眺め。
ここからも鏡池が覗いたのですがこれまた全然わからない。

個人的な話ですが。どうやら鏡池の存在は祖母から行った話を聞いて知っていたらしく。
実際来て気に入った様子で「来れて良かった」と言っていて。(そういうことすらあんまり言わないんですよ)
外の楽しみを持とうとしない母が楽しんでいる姿を少しでも見れたことに嬉しさを感じたり。(口に出さないし自覚もしてないけど本当は色んな場所の素敵な体験をするのが好きな人のように思うんですよね…否定されてばかりいるのだけど^^;)

弁当作って持っていけたらよかったなぁと今思いました。


本命だった? 奥社。
奥の院と呼ばれたりもしているらしい杉並木。
fc2blog_20170810233632cf8.jpg

駐車場のじじさまに、わたしの足元が下駄なのを見て「それで行くの?!」って^^;豆出来るよって苦笑いされましたが。
なんだかんだ全然問題なしでした。
(参道の足場は後半から岩だらけですんで決して推奨はしませんが)

fc2blog_20170810233619c9a.jpg

概ね40分ほどで到着。

fc2blog_20170810233613b0a.jpg
てっぺんからの眺め。(境内は撮影禁止なのでここまで。)
天手力男命ということで境内は学生たちでギュウギュウでした。

年齢を告げて引いて頂くおみくじなどもあったようですが、ご挨拶のみで帰還。
杉並木の脇道の川で涼んでいたら、その奥の広場?でグループ瞑想?のようなのを目撃したり。なこともありつつ。

なぜ行きたかったのか行ったあとでもよくわかりませんでしたが。
そんな感じで行ってまいりました。
というただの旅行記事のような感じで。


おまけ。
fc2blog_201708102335522a8.jpg
途中で見つけた音叉のような木♪


追記:
母の話。

↑で書いたからか。初めて母が認めました。(大笑) 
「周りの人達は家のことや会社のことなんてそれほど考えずに旅行とか行ってて。お母さんももっと早く若いうちからそうしておけばよかった~~~」って。ほんとうに残念そうに言ってました。
遅いよ~~~~(認めるのが)笑 って思ったけど。わたしも人のこと言えない(苦笑)
その声が聞けただけでも、気持ちを外に出すようになっただけでも良かったなぁ