いのちはとどまるようにはできていない

  12, 2017 15:18
と、思いつつ、1年以上留めていたわたしです。

流すところを流さず、止めている事を知りつつ、向き合わずにおりましたら、(本氣でコミュニケーションから逃げていた期間もかなりありました。(逃げれなくなるからね))一番派生して欲しくなかった事柄が生じてしまい(うちの仔の急激な変動。現在徹底して応戦中です。)、一気に向き合う事と成りました。
(全てをスピっぽい事に繋げるつもりは毛頭なく、物質としての影響もあるんだけど、相互の関連もある可能性もあるという推察のもとの話です)


個人的な話ですが、
生前の先代に、無知ゆえに何もしてあげれなかった後悔があり、今の仔と共に生きると決めた時に、この仔には最善と感じる選択をしていくと同時に誓いました。
今まで当たり前に信じ疑わなかった事柄も、「ほんとうに?」 と、ひとつひとつ探っていく旅がそこから始まり。
そこから色んな事が繋がりはじめ… 


わたしは今、今まで怠惰してきた部分、誠実では無い部分、自分を甘やかす一面に対し、ほんとうにそうしたいのか? と、問いかけています。
初心に立ち帰る、というより「自分とのコミュニケーションを大切にしていく」、自分とのコミュニケーション こころを大切にできなければ他者や動物とのコミュニケーションも大切に 良きにできるはずが無く。


正直、どう転がるかわかりません。いろんな事が。
(起こる事は総て自分からの反射という理、…自分の行為が良きに作用した事ばかりではないのをよおぉく知ってるからね)

いまは、「今の」自分を知り、受け容れ、聴いてない声に耳を傾ける事、粛々と実行していくことが、今わたしの中で最優先事項と思います。
その為の一定の努力は必要になると思う。意識して自分を野放しにしないことも。今必要に駆られ学びが大量に必要となっている部分、これを活かせていけるのだろうか?明確でないことも多い。


こわいという感覚が何度も沸き上がる。でも何度考えても、思い立つのも、泣きながら動きたがるのも、根はおそらく同じ…

過ちはおこさないように
その為の基盤つくりかもしれません。




もし、
もし今、自分の真意とは外れている選択をしつつ目を閉じているなと感じてる方がこれを見ていたら。逃亡最端部まで来てしまうと軌道修正が大変かもしれませんので、早めの段階で修正かけれそうならそちらをおすすめします。(あの時逃亡したものに結局今向き合うことになっている‥しかも前よりも…、、、というような感触が今ある体感中の者より。凹)

(「今」にフォーカスを当てるということ、それをいまいち体感出来ずに居たんですが、NVCという手法を通して実感したように思います。行き詰まった方には宜しいかもしれません)

fc2blog_20170212093705086.jpg

まいたものを 受け取りに行ってきます。
水巫音。